モデルになる方法 TOP >> モデルの基準 >> 骨格

骨格

基礎となるBMI指数、サイズの他に、モデルは『骨格』を見られると言います。例え体は痩せていても、骨格がしっかりしていない場合『スーパーモデルとしては少し魅力が足りない』と思われてしまうと言います。

肩幅がしっかりと有り、バランスのとれた骨格をしていれば、スーパーモデルになる素質が有ると言われています。この骨格に関して言えば、これはもう天性のものです。ダイエットをすればどうにかなるものでもありませんし、毎日牛乳を飲めば良いというわけでもありません。

しかし、骨の形を整えることは非常に大切なことです。『均整が取れていない』ということが目に見えてわかるほど骨に歪みが生じている場合、それは『美しくない』と見なされ、モデルとしてはあまり好ましい状態ではありません。もちろん『猫背』や、逆に『腰の反り過ぎ』などは問題外です。

モデルを目指すのであれば、まずは骨盤の歪みを改善していく必要があります。仮に肩幅がそこまで無いとしても、とびきり美しい骨格をしていなかったとしても、歪みを意識的になくすだけでだいぶ印象は変わります。

『骨が歪んでるかどうかなんてわからない』という人は、一度整骨院に行って状態を見てもらうのも良いでしょう。骨盤の歪みによって体に偏りが生まれ、その歪んだ部分から脂質がついてしまうこともあります。骨の歪みをなくして、より美しい体を目指しましょう。

モデルの基準

http://www.chameleon-honsya.com/
様々な用途のコンクリート補修

モデルの基準