モデルになる方法 TOP >> モデルの種類 >> 撮影モデル

撮影モデル

撮影モデルと言っても、『作品撮影』『広告モデル』『ブライダルモデル』など、様々なジャンルに分かれています。作品撮影などの場合は、プロ・アマ問わず、撮影させて欲しいというカメラマンが居れば撮影モデルとして成立します。

モデル料を取り、それを生業としているセミプロのモデルさんも居ますし、『モデル料は要りません』と、アマチュア志向で作品撮りに臨むモデルさんも居ますが、『お金を払えば良いモデル・アマチュアだから駄目なモデル』ということは有りませんので、モデルを探しているカメラマンの方は、相手をよく見て選ぶ必要が有ります。

また、広告モデルと言ってもピンからキリまでの仕事が有り、通販で売り出し始めた洋服の広告モデルと言ったちょっとしたお仕事から、名の知れたブランドの広告モデルまで、広告モデルにも様々なお仕事があります。

ブライダルモデルとは、『ウェディングモデル』とも呼ばれ、結婚式場の宣伝に使われる撮影モデルのことです。満面の笑みをたたえ、美しいドレスを纏って撮影をします。あまり髪色の派手な女性は好まれないので、ブライダルモデルをしたいというのであれば黒髪は必須です。

本格的な撮影の場合、撮影の直前は食事をとらないことや、撮影中はなるべく飲食をしないことが要求されます。少しでも顔がてかったり、不要なむくみを避ける為です。

ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!

アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

モデルの基準