モデルになる方法 TOP >> モデルとして >> 自覚

自覚

何よりも大切なのは、『私はモデルなんだ(モデルを目指しているんだ)』という自覚です。何の目標もなくダラダラと自分磨きをするのは、先も見えず、自分を磨くことの意味もわからなくなってきてしまいます。

本来、女性は常に向上心を持って美しさを磨くべきものですが、やはり目標が有るのと無いのとでは美しさに磨きをかける意識も変わると同時に、目に見える変化も変わってきます。『私はモデルだ!』と常に意識し、それに伴った美しさの研究を常に欠かさず行うことで、モデルしての地力も付き、それが自信に変わることもあります。

予め述べておきますが、横柄になることが自信や自覚ではありません。他人に対する礼儀や思いやりを欠かさないのは、モデルであるかないか以前の問題です。『私はモデルだ』という意識があるのと、『私はモデルだから何をしたって構わない』『私はモデルだからちやほやされるのは当たり前』という考え方に至ってしまうのとでは大きな違いがあります。

モデルになったとしても、ショーの舞台や撮影所を出れば、あなたは何の変哲もないただの人間なのです。それを踏まえた上で、『私はモデルになる』という信念を持ち、本当の自信を身につけることが出来れば、その自覚は本物になります。他者への感謝を常に持ち、自分の自信とのバランスを上手にとっていくことこそが、本当の意味で自覚を持つということになるのです。

OPP袋・CPP袋・製造販売 どんなサイズも作ります!揃います!有限会社早川製袋http://www.sideseal.jp/


アトルバスタチン
アトルバスタチンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/


モデルの基準